小児科の看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか? 小児科の看護師に関する記事一覧

退職したい小児科の新卒看護師が転職しようと思った時に考えておきたい事!

小児科の看護師ばかりではないでしょうが、新卒看護師が必ず一度はぶち当たる壁とも言える第一のハードルが「私って、小児科に向いてないんじゃない?」って気持ちではないでしょうか?

でも、きっと本当は小児科に向いていたとしても一日も早く解放されたいって強く思った看護師さんなら、こんなサイトを見る事なくとっとと退職して転職しちゃってる事でしょう。

向いてないんじゃないかな?いや、でも頑張りたい気持ちもあるんだけど…。と決め切れずに悩んだり、揺れ動く気持ちに苦しんだりしている人が多いのではないかと思います。

そんな「小児科を辞めたいと思ってる新卒看護師」の皆さんの退職と転職が失敗しちゃった。という事にならないように、もう一度一緒に考えてみませんか?

小児科の新卒看護師二人が退職(転職)を考えてみた結果…。

行子と留美は今年の春に総合病院の小児科に配属された同期です。昨日、意向調査票が配布され二人も今後の方向性をきちんと考える時期がやってきました。

そんな二人が同じ勤務を終えて、寮まで一緒に帰る最中にお互いの気持ちを相談し合っています。

行子「今日も疲れたね〜。何だか暗い時間帯しか外歩いてない気がするんですけど。」

留美「だよね〜。朝も夜明け前の暗い時間から出勤して、帰りは日が暮れて真っ暗な時間に帰宅って、どういう事?」

行子「もう本気で辞めたいんですけど。」

留美「え!意向調査票にもう書いちゃった感じ?」

行子「まさか、まだ書いてないけど、昨夜は本気で退職希望に丸つけそうになった。」

留美「でもさぁ、今辞めても転職の時の言い訳何て言ったらいいのか思いつかないし。」

行子「言い訳なんて幾らでもあるでしょ!?細々とした処置とか今後も覚えれないし、先輩に一緒についてもらっても逆にプレッシャー強すぎて緊張しまくりで動けないし、覚えれないもん。だから今の職場は向いてませんでした。って。」

留美「それって、先輩&職場批判な感じじゃない?そういうのってマイナスポイントになるって聞いた事あるよ…。」

行子「だよね、結果批判になっちゃうよね。でも、真面目に今後も今の職場で勉強して成長していきたいって思えないし。」

留美「確かに色々と細かいやり方とか決まってるけど、それ教えてくれないもんね、ウチの先輩方は。」

行子「そうなの。就職してからウチのプリセプターなんて、ただの一回だって褒めてくれた事ないからね。」

留美「ウンウン、私のプリセプターもそうだよ。あれができてないこれがダメだって、だからいつ迄に勉強してこい。って宿題ばっかり出されてウンザリしちゃう。」

行子「これからも、そのやり方を覚え続けていかないといけないんだと思ったら心が折れた。やっぱ辞めたい。」

留美「あと、親もすっごい面倒じゃない?すっごいウチらの一挙一動をチェックしてる感じが満々だし。」

行子「そう。なんか言いたい事あるなら、その時に言ってくれたら良いのに、いちいちプリセプターに言いつけたりする。」

留美「分かる!子どもに向かって嫌味臭く『今日のは痛かったね〜』とかワザと聞こえるように言ったりされない?」

行子「するする、そういう時も絶対に先輩方は庇ってくれないでしょ?100%こちらが悪いバリに謝るよね。」

留美「そんなん、最初から上手くできるわけないじゃんね!そもそも小児の処置なんて学生の時は見学しかしてないし!」

行子「ねぇ留美ちゃん。私、結構本気で退職考えてたりするんだけど。」

留美「すごい勇気!私だって辞めたい気持ちの方が強いけど、今辞めると今後のキャリア的な面で傷がつく気がして…。」

行子「確かに留美ちゃんの言ってる事も分かるけど、何だか就職失敗した〜って思いながら3年くらい我慢する方が、私的には無駄な時間かな〜って思うんだよね。」

留美「なるほどねぇ。そういう考え方もあるよね〜。でも行子ちゃん、転職する時になんて言うの?1年未満で退職した事って面接とかの時に絶対に突っ込まれるところじゃない?」

行子「う〜ん、悩むところだけど、失敗に早く気づいたって事でそこをアピールしとくしかないかな?」

留美「そんな簡単な問題?」

行子「簡単な問題じゃないよ〜。でも、これ以上ここに居続けたら、結果的に病んじゃいそうなくらいストレス感じてる。」

留美「2年目になったら少し楽になるかも?ってこの前の夜勤の時に先輩がチラッと話してくれたんだけどね。」

行子「確かに、また新しく入った新人に皆んなの目が向くから私らは集中攻撃から少し解放されるかもね。」

留美「でもね、今のままで2年目になって完全放置で一人立ちとか言われてもやっていける自信は全くないよね。」

行子「あ〜、やっぱり私、退職希望で提出するわ。」

留美「えぇ〜私はどうしよう〜!行子ちゃんいなくなったら私ひとりぼっちになっちゃうよ。」

行子「でも私、もう一年残るなんて無理だからね。」

留美「そんな事言わないでよ〜。じゃあ、私も退職希望で提出しようかなぁ…。」

小児科の新卒看護師が転職や退職をしたくなる時ってズバリ、こんな時!

今の職場と先輩への不満で一杯の行子ちゃんと留美ちゃんのように、同期同士であれば日々の愚痴やそこから来てしまう辞めたい気持ちを分かち合う事ってよくある事ではないでしょうか?

日々の愚痴で不満や不安が解消できているうちは、まだ退職(転職)が現実味を帯びてはいない時でしょう。しかし不満や不安が解消できなくなった時、爆発してしまった時、本気で「退職しよう」と決意してしまうのかもしれません。

それでは、もっと深くそれぞれのシチュエーションについて掘り下げてみたいと思います。

日々のケアや処置、家族の対応が難しいため不安やストレスが多い

小児科の看護師にとって時間通りに決められたケアや処置をこなしていくのは至難の技ですよね。泣いて暴れて抵抗する子どもをなだめすかして何とか一人終えても、また次の子は…。

ある程度の経験を積んだ看護師であっても、自分のペースで仕事が進められない事はイライラしますし、大きなストレスにもなり得る要因です。

ただでさえ不慣れな新卒看護師が決められた時間内だとか自分のペースで仕事を進めるなんて夢のまた夢…、行子さんと留美さんのように朝一番に出勤し真っ暗になってから帰宅するって事も案外普通の光景なのかもしれません。

さらに小児科では患者である子どもに加えて、その親が同じくらい、あるいはそれ以上のウエイトでプレッシャーをかけて来ます。

採血や吸引などの苦痛を伴う処置を行わなくてはいけない場合のプレッシャーは軽く2倍を超えるでしょう。留美さんもイラついているように聞こえるように嫌味を言われてヘコんだりする事も多くありますよね。

ある意味、小児科での看護のお仕事は、不安とストレスの宝庫だったりします。それを上回るだけのやりがいを見出せなかった場合などには転職を考えるようになるでしょう。

先輩との関係性が良くない、フォローしてくれない。

上にも書きましたが、小児科の看護師のお仕事って時間的な余裕がなくて常に時間との戦い。と言う印象が強い現場かもしれません。

ですから、人材を育てるための人数を確保しています。というような意識の高い職場でない限り、他人の事まで頭も手も回せない状況である事は少なくないでしょう。

行子さんと留美さんのプリセプターや先輩たちだって、おそらくは時間さえあれば、人手さえ足りていれば、という感じで悪意100%で二人に接しているわけではないと思います。

十分に行き届いた指導ができないために新人がなかなか育たない。だからプリセプターや先輩としては出来ていない事は自分たちの反省点とばかりに、新人が出来ていない事ばかりを見てしまう。

そして、心にも余裕がないことで、プリセプターや先輩たちは指導だと思い込んでいるけれど、実は単に心無い言葉を投げつけたりして新人を傷つけているだけだった。という構図をよく見かけます。

行子さんと留美さんの愚痴の中からもプリセプターや先輩の自分たちへの対応や態度だけでなく、本当に辛い時や助けが必要な時に助けてくれない事で不満や不信感を募らせている様子が見て取れますよね?

そして新人たちは頼れない先輩に失望し、もうこの職場は辞めたい。転職したいと考えるようになる事も多くあります。

同期の親友が退職することで孤独感を感じた。

さぁ、これが一番困った退職したくなってしまう理由の一つでしょう。初めての過酷な社会人生活を送る中で、学生時代からの同期の友人って唯一無二の存在ですよね。本当に地獄に仏的な。

日々の嫌な出来事、辛く悲しかった出来事、逆に嬉しかった事、楽しい事なども心置き無く分かち合うことができ、時間や気持ちを共有しながら過ごして来た存在です。

そんな唯一無二の存在がいなくなってしまったら…。今の職場の環境に限界を感じた行子さんが退職する方向で心が決まりつつある状況に留美さんは焦りを感じています。

自分は、まだ今の職場を退職するまでの動機や勇気がなくて何となくもう少し頑張れるかもしれない。と漠然と思っている時に唯一無二の存在である行子さんがいなくなってしまった状況でも働き続ける事ができるのか?

できれば行子さんにも、もう一年一緒に頑張ろうと誘いますが、行子の退職への意思は思いの外硬く揺るぎないものに近くなっています。

今の職場で働き続ける事へのモチベーションもハッキリしていなければ、辞めるための動機や理由がハッキリしていないような留美さんが行子の行動につられて退職へ…。

職場環境としては、かなり厳しいと思われる小児科での新卒看護師ならでは、というくらい「あなたが辞めるなら、私も辞める」そんな理由が意外と多いのも事実です。

ちなみに、この「あなたが辞めるなら、私も辞める」とは、「追いかけて転職」の意味ではありません。今の職場で働き続けるための心の支えであった親友を失うのなら、今の職場で働き続ける事が不可能。

ですから、一緒に退職はするけれど、親友を追いかけて転職するという前提ではありません。親友という支えを失ったけれど、これからは一人でもやっていけそうな職場へ転職しよう。ということです。

もう一度、よく考えてみて!小児科の新卒看護師の転職と退職。

もう一度、よく考えてみて!というのは、退職や転職を思いとどまった方が良いですよ!という呼びかけのつもりは毛頭ありません。

ただ、今の職場を辞めた後の事をまずしっかりと考えて、今後のキャリアをどう積み重ねていくのか?という自分の中でのある程度のプランの練り直しが必要な時です。

先輩が嫌いだから、患者の家族にウンザリしたから、もう辞めるしかありません。そう思ってしまう事は簡単ですし、仕方のないことでもあります。

しかし、それだけで退職します。というのは、少し損をしているような気がします。転んでもタダでは起きない。つまり失敗しない退職、転職のためには、どんな事に気をつけて、どんな事を考えておく必要があるのか気になりませんか?

日々のケアや処置、家族の対応が難しいため不安やストレスが多い場合

日々のケアや処置、家族の対応が難しいため不安やストレスが多い場合はどんなことに注意して転職先を選んだ方が良いのでしょうか?

小児科から小児科へ転職する場合

ハッキリ言って、総合病院や大学病院の小児科病棟は重症の患者ばかりですし、毎日絶対にやらなくてはいけないケアや処置がたくさんあって、その遂行に追われる毎日という状況は珍しくないでしょう。

そういう重症の患者の家族ですから、言わずもがなナーバスになってしまう状況は想像するに難くありません。ですから、ある意味では小児科看護の中でも難易度が高い世界に身を置いてしまっていた。という事です。

その世界が自分の身の丈に合わなかった。と感じたのであれば、民間や個人の少し大きめな病院にある小児科病棟や小児科単科の入院施設もある小規模な病院などへの転職をする事で難易度を下げて再チャレンジしてみるという手もあるでしょう。

もしくは、入院施設などはないけれど小児科疾患の中でも特化した疾患を専門としたり得意として掲げている外来専門のクリニックなどもあります。

そのような施設であれば、時間に追われながら決まった処置やケアをこなしたりする苦痛からは解放され、小児科看護師としてのキャリアも継続できるのではないでしょうか?

小児科から違う診療科や分野に転職する場合

思いの外、小児科の現実の厳しさに遭遇して軽くバーンアウトしてしまう状況というのが、このシチュエーションに当てはまるのかもしれません。

小児科って厳しすぎる。自分には向いていないかもしれない。とまで思ってしまったのであれば、全く違う分野である成人が対象の一般病院などに転職して見ても良いかもしれません。

ただ、小児科への未練というか想いを残している状況でありながら小児科を一度離れてみたいと思う場合は、成人の病院でも外傷などで小児が入院する可能性が高い整形外科や小児の受診率が高い耳鼻科などへの転職もオススメです。

いずれにせよ、自分が小児科を離れるに際して、一旦キッパリと縁を切りたいと思っているのか、そうでないのか?という点については、しっかりと考える必要があると思います。

先輩との関係性が良くない、フォローしてくれない場合

先輩との関係性が良くない、フォローしてくれない場合の場合、どんなことに注意して転職先を選んだ方が良いのでしょうか?

小児科から小児科へ転職する場合

先輩や上司、直接関わるプリセプターなどへの不満から退職、そして再び別の小児科へのチャレンジを希望するのであれば、まず転職先の教育システムについての情報収集をする必要があります。

ありきたりな教育システムだけしかなかったり、充実した教育システムを謳っていながらも人材育成に対しての人手を十分に確保していなかったりする職場では、全く同じ苦痛を味わってしまうのは目に見えています。

どうして目に見えているのかと言えば、成人の一般病棟と比較すると、小児科は学ぶこと、覚えることなども多く専門性も高い内容が多く大変です。さらに処置などに関しても繊細さを求められることも少なくありません。

ですから、指導してくれる立場の看護師が十分な知識や経験を持っていなければ、当然、十分な指導や教育を提供する事もできないでしょう。つまり自分が期待したレベルの教育や指導が受けられないという不満に再び繋がるのです。

そう言った意味では、認定看護師や専門看護師がいるような職場であれば、高い知識や技術を習得することが可能になる。という目安の一つになるかもしれません。

小児科から違う診療科や分野に転職する場合

小児科から小児科へ転職する場合とも重なる部分がありますが、まずは自分が次に進みたいと思っている分野や病院などの施設が決まっているのであれば、そこの教育システムや方針についての情報収集は必要不可欠です。

小児科勤務で培った経験や技術、知識は他の診療科や分野に行ったとしても役立つことはたくさんあるでしょう。しかし、小児科は、ある意味特殊な世界でもあります。

ですから、異分野への挑戦という意味では、さらに慎重に自分が求める指導や教育という面で病院自体がどの程度力を注いで人材を育てようとしているか、という面でのチェックが大切です。

同期の親友が退職することで孤独感を感じた場合

同期の親友が退職することで孤独感を感じた場合、どんなことに注意して転職先を選んだ方が良いのでしょうか?

小児科から小児科へ転職する場合

同期の親友が退職を決めた事で自分も安易に(orよく考えて)退職を考えている新卒看護師さんにまず伝えておきたい事があります。

まだ退職を決めていないのであれば、もう一度よく考えてみましょう。親友とこの先の人生をず〜っと一緒に過ごしていく事は可能でしょうか

社会人になったばかりで、一人で今の職場に残されてしまう事への不安感はとてもよく分かります。でも、この先、異動になったり自分か親友かどちらかが結婚したりして、別れる時は必ず訪れるでしょう。

その時になって考えても良いのかもしれませんが、今の職場が本当に自分にとっても退職しなくてはいけないほどにダメな職場だったのか?数年先に退職してしまった事を後悔しないのか?想像してみてください。

とにかく、自分を軸に置いて考えてみましょう。それでも、やっぱり今の職場は退職したい。そして退職するのであれば、親友と同じ職場へ転職したい。と思うのであれば、それでも良いのかもしれません。

さて、既に退職を決めてしまった看護師さん。そして退職を決めてしまったけれど、追いかけて転職するつもりだった親友と同じ病院に転職することは何らかの理由で無理だという事になってしまった。

そんな状況に陥ってしまった方にオススメしたいのは、職場の人間関係が良好な所を探す事です。大きな病院の小児科病棟のような所は忙しいため、温かい人間関係を望むのは無理に近い事です。

例えば、小児科のクリニックなどで、年配の看護師さんが多く勤めているようなアットホームな雰囲気の中であれば、年齢が近い人の中で働くよりも孤独感を感じる事なく働くことができるでしょう。

小児科から違う診療科や分野に転職する場合

小児科へ転職する場合と同じ事ではありますが、まず自分自身が本当に小児科を辞めて親友と同じ道を進みたいと思っているのかを振り返ってみてください。

その結果、やっぱり親友と同じ道を歩む事に決める人もいるでしょう。しかし、色々と考えてみた結果、親友とは違う道を選ぼうと思う人もいるかもしれません。

違う道を選んだものの、一人でどう進んでいけば良いのか?と悩んだのであれば、やっぱり職場の雰囲気を情報収集する事が大切でしょう。

人間関係が良くて、離職率の低い所。そういう所であれば、一人で不安を抱えている人にとっては良いでしょう。逆に救急の現場や手術室のような緊迫した場面が多い職場を選ぶのは、今は避けた方が無難かもしれません。

ゆっくりと患者さんとも関われる精神科や心療内科は社会人としての自信が持てるまでの間、というつもりで働くのであればオススメな分野かもしれません。

精神科や心療内科では、テキパキと仕事をこなしたり技術的な事をたくさん覚えなくてはいけない。という場面は皆無に近い状況でしょう。その代わり、患者さんとは、じっくり関わる事ができます。

人間関係を構築するためのコミュニケーション的な事をしっかりと学ぶ事ができる環境です。若い間にテキパキと働いて色んな事を身につけておいた方がキャリア的には有望だと思われがちですが、そうとは限りません。

若い間にコミュニケーションスキルを先に磨いておけば、後々の看護師人生の中で役に立つ事がたくさんあります。技術や知識は参考書を読んだり勉強したり場数を踏めばいつだって磨く事ができます。

逆に若い間に十分なコミュニケーションスキルを学んで来なかった人が歳を重ねて、身体的には楽な勤務が多い精神科などで勤務し始めると、苦労する事の方が多いのも事実です。

もしも、将来的に緊迫した場面が多い職場で働くことになったとして、経験や技術が伴っていなかったとしても、高いコミュニケーションスキルが自分を助けてくれる事にもつながります。

どういう診療科であっても、まず最初にやることは、今後、自分が看護師として、どのように成長していきたいと思っているのか?をじっくりと考えみる事。

その上で、転職先として考慮すべき事は、競い合いながら成長していく職場環境よりも、温かく見守ってくれる職場環境であることを重視しながら転職先を選んだ方が良いでしょう。

まとめ

小児科の新卒看護師が転職(退職)しようと思った時に考えておきたい事のまとめはいかがでしたでしょうか?

色々考えてみたら、本当は小児科で頑張りたい自分の存在に気づいて、より自分に合っている職場を具体的にイメージできるようになれば幸いですし、もう少し今の職場で頑張ってみることにするというのももちろんありです。

そして本気で動き始めよう、まずは色んな情報収集を始めよう、などの決意を固めた方には転職サイトへの登録をオススメしたいと思います。

職場の細かい情報や人間関係に関する情報までも把握しているようなコンサルタントが、皆さんの手足となり情報収集をしてくれ、転職ばかりではない悩み事も含めた相談にも乗ってくれます。

なんだかんだと言っても自分では決められない。と思っている方も、一度相談してみる価値はあるでしょう。良いアドバイスがもらえるはずです。

皆さんが、よりスムーズに理想の職場と出会い幸せな転職ができることを信じています。

小児科の看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか? 小児科の看護師に関する記事一覧

転職サイトランキングを見る