小児科の看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか? 小児科の看護師に関する記事一覧

看護師の小児科でのお仕事と求人に関する情報集です。実際に小児科で働いている看護師によるテーマごとの解説を、是非あなたの転職にお役立てください。

小児科 看護師の仕事内容は一緒に泣いたり笑ったりしながら自分も一緒に成長できる職場

小児科って子ども好きの看護師さんにとってはたまりませんよね?可愛い子どもたちに囲まれて楽しく充実した仕事ができそう!でも実際に働いてみると、現実とのギャップに戸惑ったり、落ち込んだり悩んだりする事が意外と多くて大変っていう声もよく聞きます。どんな疾患の子が多いのかな?ってやっぱり気になりませんか?病院の規模にもよりますが、一般的な病棟では肺炎や喘息などの呼吸器系疾患、急性胃腸炎や嘔吐下痢症などの消化器系疾患など大人とそう変わらない疾患ではありますが、体力のない子どもたちは重症化しやすいため、注意が必要です。他には乳幼児特有の川崎病などの免疫系疾患などが多いです。0歳〜5歳くらいまでの子たちは、お母さんやお父さんがいないとそれだけで不安になって治療がうまく進まなかったりするので、可能な限りは付き添いをしていただくようにしています。なので、看護する対象はお子さんだけでなく、保護者の方にも広がります。
続きを読む

小児科 看護師の役割は、患者さんと家族の一番近くにいる存在で他の医療者との橋渡し役

看護師だったら、どの診療科にいても患者さんや、その家族の情報を他のどの職種の人達よりもたくさん持っていて、一番そばにいる存在である事は当たり前の事だと思われるかもしれません。でも、小児科看護の現場では特にその役割を強く求められる事が多いように思います。理由は、いくつかあります。まず患者さん自身が年齢的に自分の気持ちや感情を的確に表現出来ない事がほとんどである事。そして、その患者さんの代わりとなって意思決定をする家族には複雑な感情が存在しているため、感情の行き違いや認識のズレが起こりがちである事。などが主に挙げられるものだと思います。小児科の看護師は、日々の観察や関わりの中から自分を十分に表現出来ない患者さんの欲求を汲み取り、家族の複雑な思いや不安を察し、看護師間での情報共有はもちろん、看護師に比べて関わる時間が少ない他職種がスムーズかつ最善の治療やケアが提供出来るような橋渡し役を務める役割があるのです。
続きを読む

小児科 看護師のやりがいは、なんと言っても一緒に成長していける喜び

小児科と成人一般の診療科と比較して、やりがいを感じる一番の違いは共に成長していける喜びだと思います。小児科で入院してくる患者さんの数割は治癒までに長く時間がかかる疾患の子です。長年のお付き合いになる事が多いです。赤ちゃんの頃から知っている子が徐々に大きくなっていく姿を見る自分の感覚も年々変化していき、ふと私も成長したと実感できる瞬間にやりがいを感じる事が多々あります。患者さんが成長していく過程に何らかの形で自分が関わった。大なり小なり、その子が成長するための手伝いができたという事は自分にとっての大きな成果となります。それが、きっと久しぶりに会った患者さんに対して「こんなに大きくなったんだ」という思いとともに「これからも元気に成長していく手伝いができたら」と今後のやりがいにも繋がるのではないかと思います。さらに「これからも手伝っていきたい」という思いは、もっと勉強してたくさんの知識を身につけよう。経験を積んでイザというときの為に備えよう。というやる気にもなります。そして、「あの子も大きくなって成長した」と感慨深く感じる時に、その過程の中で努力してきた自分自身の成長にも気づく事ができるのだと思います。
続きを読む

看護師が夜勤前〜後に感じる大変な事って、どんな事があるの?

小児科看護師の夜勤って、他科と比べて大変な事が多いって噂は良く聞きます。同じ病院内でも、小児科勤務の看護師は他科の看護師が来る前から出勤して、他科看護師よりも帰れる時間が遅くなるって話は珍しくありません。それは、小児科の看護師が夜勤に入る前の準備段階から夜勤が終わった後の片付け的な所まで他科よりも手がかかる事が多いせいなのかも知れません。では、小児科看護師が夜勤で感じる大変さの噂についてお伝えしたいと思います。
続きを読む

小児科の看護師の志望動機は、どんなことにすれば良いの?

小児科で働きたいと思う人のほとんどに当てはまるのは「子ども好き」ということだと思います。なので、志望動機として、ただ単に「子どもが好きだから」というだけでは弱いかもしれません。つまり子ども好きであるという事だけではインパクトが小さいので、プラスアルファが必要となると思います。では、どんなプラスアルファがあるのかを紹介させていただきます。
続きを読む

看護師の経験はあるけど、初めての小児科転職を考えた時に知っておいて欲しい事!

小児科で働きたいと思う看護師さんって、子どもが好き。っていうのが絶対条件のように思われがちですよね?ただ、子どもが好きというだけで楽しくラクラク、とまでは言わなくても、毎日やりがいと充実感を感じながらイキイキと働いている自分を想像してしまいがちじゃありませんか?実は私、小児科に配属された時、小児科勤務は希望ではありませんでしたし、子どもがあまり好きな方ではありませんでした。言葉や話が通じないし、すぐに泣いたり暴れたり、良いことと言えば小さくて軽いこと。くらいで、入職当時は早く成人が対象の一般病棟で働きたいと思っていました。ですが、実際に働いてみると逆にそんな私だからこそ比較的長く続けられたのかもしれない。と思うようになりました。そして、嫌だ嫌だと思っていたからこそ、見える良いところが徐々に増えていきました。そんな小児科で看護師として働きたいと思うのであれば、是非とも知っておいて欲しい小児科の「現実」を少しでもご紹介できればと思います。
続きを読む

新卒看護師と第二新卒の看護師が小児科に就職した時に立ちはだかる壁の数々!

小児科看護師にとって、新卒も第二新卒も余り大差はないような気がします。逆に成人(特に生活習慣病がメイン)ばかりの病棟の経験のみの結構なベテラン中途よりも馴染みやすいのかもしれません。新卒看護師の場合は、ここからのスタートという事でまっさらな状態。第二新卒の看護師にとっては、いわゆる看護師業界全体の常識(あるいは非常識?)に少しだけ染まってしまっている状態。もしも両者の間に差があるとすれば、その染まり具合なのかもしれない。って思います。一般病棟とは違って、対象である患者さんは小児のため、疾患から処置、根本的なサイズ感から大きな違いがあります。そこに違和感なく染まっていけるか否かは、もちろん本人の小児科への興味、やる気が一番大きな要因だとは思いますが、そこまでの経験も小児科への就職がうまく行くか行かないかの意外と大きな要因になる事もあるようです。さて、それでは実際、どんな現実があるのか?少しご紹介してみたいと思います。
続きを読む

転職したい、退職したいと思った小児科看護師が転職に向けて考えるべき事!

小児科の看護師が退職したい!転職しなくちゃ!と思う時ってどんな時だと思いますか?もしも、もう我慢の限界だ。明日にでも退職願を上司に叩きつけてやる!って思ってる小児科の看護師さんもいるかも知れません。もしかしたら、もう我慢できずに提出しちゃった看護師さんもいたりするんでしょうか?ちょっと待ってください。その退職願の提出や、退職しちゃったけど適当なところで次の職場を決めようかと思ってる方!もう一度一緒に今後の事を考えてみませんか?それから退職願を提出しても手遅れになる事はありません。退職しちゃった看護師さんに至っては、もっと良い条件の転職先が見つかるかも知れません。
続きを読む

退職したい小児科の新卒看護師が転職しようと思った時に考えておきたい事!

小児科の看護師ばかりではないでしょうが、新卒看護師が必ず一度はぶち当たる壁とも言える第一のハードルが「私って、小児科に向いてないんじゃない?」って気持ちではないでしょうか?でも、きっと本当は小児科に向いていたとしても一日も早く解放されたいって強く思った看護師さんなら、こんなサイトを見る事なくとっとと退職して転職しちゃってる事でしょう。向いてないんじゃないかな?いや、でも頑張りたい気持ちもあるんだけど…。と決め切れずに悩んだり、揺れ動く気持ちに苦しんだりしている人が多いのではないかと思います。そんな「小児科を辞めたいと思ってる新卒看護師」の皆さんの退職と転職が失敗しちゃった。という事にならないように、もう一度一緒に考えてみませんか?
続きを読む

小児科の看護師が持っていると有利な資格、求められるスキルを身につけよう!

小児科って本当に臨床の現場に出てみないと分からない、知らないっていう事がすごく多い現場だと思います。そんな小児科の看護師として勤務する(今後勤務したいと思っている)中で自信を持って毎日の楽しく仕事をしたい。と思った瞬間が、やはり資格やスキルアップのための研修を受講するタイミングなのではないかと思います。そもそも小児科看護師にどんな資格や研修が役に立つのか?って分からない。私もそうでした。その日の事をその日の内に終わらせる事で精一杯だった時期を過ぎると、ふと「これで良いのかな?」「分からなかった事をもっと深く学びたい」と思う事がよくありました。そんな時にさらに知識を深められるような資格取得のための勉強をしたり、日々の業務に役立つような内容の研修を受けられると飛躍的に看護師として成長する事が可能です。でも、どんな資格や研修があるのか分からないし知らない!という方のために、小児科以外での勤務にも役立てられるようなものがたくさんある事をご紹介したいと思います。
続きを読む

転職サイトランキングを見る